私は先日、ギフト専門店へ行き、友人への贈り物を購入しました。店員さんの配慮が嬉しかったです。

贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。

贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。

ギフト専門店で贈り物を選びました

私は先日、友人への贈り物を選びに、ギフト専門店へ行ってきました。友人とは、短期大学での同級生でとても仲の良かった子です。卒業後も週一回は外食に出かけるなどして、顔を合わせていました。
しかし、友人は働いている会社で転勤を命じられ、そう簡単には会えない距離に住むことになってしまったのです。そこで私は、会えなくなる友人に何か贈り物をと思い、ギフト専門店を訪れたのでした。私は最初、友人へ何を贈ろうかと迷い、数々の雑貨店や、アパレルショップを訪れたのですが、悩みに悩み、結局決められませんでした。そこで、専門店ならと思い、初めて店内に入ったのです。そこで見た、ギフト専門店ならではの店内に驚きました。まずその明るさです。どれも他人へのプレゼントとしての商品なので、例えばマグカップ一つでも、その種類は多く、またスポットライトが当てられていて、その綺麗さが強調されています。
そしてその配置は、贈り物のテーマ別や、年齢、性別によって別れていて、とても選びやすくなっていました。
そして私は、「離れ離れになる人へ」のコーナーを見て回りました。
そこには、二つ合わせるとメッセージができあがるストラップや、思い出の曲を入れられるオルゴールなど、まさに、離れ離れになってしまう相手への贈り物にぴったりな物ばかりでした。
そして私は、プレゼントを選び、購入しました。その時、店員の方がこう言ったのです。「離れ離れになっても、気持ちはつながっていますよ」と。その店員さんは、私の店内の様子を見て、察してくれたのでしょう。その配慮がとても嬉しかったです。

人気のおすすめサイト一覧

Copyright 2017 贈り物としてもらった、嬉しくないギフト。 All Rights Reserved.